平成28年度 伊東市民 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 191 66 82 137 194 246 711 1255 1102 384
当院は、伊豆半島の中核病院として質の高い医療を提供しています。 内科、循環器科、消化器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、耳鼻科、麻酔科、泌尿器科、皮膚科、形成外科で入院診療を行っています。 全体の62.8%が70代以上と高い年齢層となっております。 主な疾患は肺炎、大腸ポリープ、大腿骨頚部骨折、脳梗塞、誤嚥による肺炎などです
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 133 14.74 12.43 3.01 80.68
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 95 25.25 21.25 21.05 83.23
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 6.91 9.08 3.7 67.17
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 12.08 11.06 1.89 74.89
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 49 9.18 12.35 2.04 72.29
各疾患の重症度の分類が細分化されたために数が出ていませんが肺炎が患者数としては一番多く、脳梗塞、尿路感染症が多くなっています。
胆管結石に対して内視鏡による採石を行っています。
また、各種進行がんに対して化学療法をおこなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 9 11.38 0 78.17
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 5 3.4 4.71 20 68.2
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 5 16.8 7.82 0 71.8
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 4 11.75 6.03 50 71.25
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 3 5 5.85 0 73
狭心症、心筋梗塞に対してのカテーテル治療が多く、徐脈性不整脈に対して、緊急的ペースメーカーの挿入、植え込み術を施行しています。
また、様々な原疾患による心不全に対しての内科的治療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 65 6.52 6.18 0 0
100380xxxxxxxx 体液量減少症 22 6.05 9.33 0 3.41
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 6.82 5.79 0 6.53
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 14 8.07 8.28 0 0
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 5.77 6.42 0 4
院は分娩を行っているため、出生後に関する症例が多くなっています。また小児科の入院施設は市内では当院しかないため、診療所からの紹介で入院になる症例が増えています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 6.45 7.61 0 58.87
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 16 5.75 6.91 0 47.69
060150xx99xx0 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 13.2 15.92 0 75.3
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 10 6.7 5.85 0 62.6
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 10 8.5 10.3 0 71.4
胆嚢結石に対しての腹腔鏡下胆のう摘出術、虫垂炎に対する虫垂切除術、結腸の悪性腫瘍に対する切除、内痔核に対する手術、乳腺悪性腫瘍に対する乳房切除術となっています。を目的とし症例になっています。
このほかにも、胃の悪性腫瘍の手術、結腸の悪性腫瘍に対する化学療法、肝臓の悪性腫瘍切除術、腹壁のヘルニア・鼠径ヘルニアに対する手術を目的とした症例などがあります。
また、各種化学療法も行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 112 52.94 27.63 11.61 82.55
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 56 39.52 20.57 10.71 81.04
160690xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 28 31.32 20.64 28.57 80.43
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 26 22.5 15.97 46.15 52.19
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 16 41.69 20.45 18.75 78.31
地域の高齢化に伴い、大腿骨頚部骨折の手術に対する症例が一番多く、次いで腰椎圧迫骨折、骨盤骨折、変形性膝関節症に対しての人工関節置換術、肩関節周囲の骨折、下腿・足関節周囲の骨折、前腕の骨折となっています。
リハビリテーションを中心とする、回復期リハビリテーション病棟があり、早期の在宅復帰を目指しています。
また、他院で急性期治療終えた方の受け入れもしています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3 5.67 3.44 0 77
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2なし 1 23 26.28 0 76
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり 1 40 49.25 0 82
100071xx97x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 1 19 19.03 0 60
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 1 6 9.91 0 73
眼瞼下垂に対する手術を目的としたものが多く、次に糖尿病による足病変に対する手術を目的としたものが多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 6.84 9.87 8 76.68
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 5.07 7.52 0 70.6
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 25.18 19.35 0 74.64
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 16 22.47 40 70
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 9 27.11 22.08 44.44 83.11
転倒や打撲による頭蓋内損傷の症例が多く、ついで脳内出血、くも膜下出血があります。また、未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術が目的の症例や転移性脳腫瘍に対する摘出術を目的とした症例もあります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
DPCコード 120060xx01xxxx DPC名称 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 24 8.96 10.05 0 47
DPCコード 120090xx97xxxx DPC名称 生殖器脱出症 手術あり 20 9.25 9.44 0 68.35
DPCコード 120170xx99x0xx DPC名称 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 12 5.5 20.79 0 29.83
DPCコード 12002xxx01x0xx DPC名称 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 10 11.9 13.29 0 55.1
DPCコード 120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 8 9 10.36 0 39.38
お産を取り扱っているため産科の症例が多いですが、子宮筋腫に対する子宮全摘術の目的の症例も多くなっています。また地域の高齢化を反映してか、子宮脱も多い症例となっています。その他として子宮がんの子宮悪性腫瘍手術、卵巣がんに対する切除術などもおこなっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 15 7 7.47 0 56.8
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 6 6.17 5.24 0 68.17
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 5 7.8 8.12 0 31.2
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 4 8.25 9.6 0 63
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 4 11.25 8.44 0 56
メタボリックシンドロームなどで最近注目されている睡眠時無呼吸症候群の検査入院が多いです。また、耳鼻いんこう科・頭頚部外科についてオールラウンドな診療をおこなっています。領域としては耳科疾患、鼻科疾患、咽喉頭疾患、頭頚部腫瘍、頭頚部外傷と多岐にわたっています。
睡眠時無呼吸症の検査入院は一泊二日の短期入院でおこなっております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 2 16.5 8.96 0 79.5
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 1 3 14.87 0 70
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 1 12 4.28 0 64
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 1 29 12.22 0 79
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 1 5 7.38 0 43
帯状疱疹による症例が多く、悪性皮膚腫瘍切除が目的の症例、良性腫瘍切除、などがあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 9.0 7.44 0 77.5
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 11 2.82 5.33 0 72.36
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 4 2.25 7.08 0 74
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 2 4.5 5.83 0 49
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 2 3 5.75 0 68.5
前立腺の悪性腫瘍に対する生検検査が多く、次いで膀胱の悪性腫瘍に対する経尿道的な手術を目的とした症例が多いです。
前立腺の悪性腫瘍に対する生検検査は短期入院で行っています。また、尿管ステント留置術や結石除去目的の症例もあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 19 7.79 9.02 0 73.47
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 8.58 11.06 0 80.75
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 7 8 11.74 0 72.57
060090xx02xxxx 胃の良性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 その他のポリープ・粘膜切除術等 6 4 7.52 0 80.5
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 5 13.2 14.75 0 74
消化管・肝胆膵に関わる診療を行っています。
大腸ポリープの内視鏡的切除の症例が最も多く、胃の早期悪性腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術、肝胆膵に対する内視鏡的手術を目的とする症例もあります。
内視鏡的大腸ポリープ切除は短期入院で行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 34 3 8 25 11 6 1 7
大腸癌 9 15 12 32 20 11 1 7
乳癌 4 7 4 2 6 1 1 7
肺癌 3 13 4 74 8 14 1 7
肝癌 0 5 4 6 3 7 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を集計しています。
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の広がり) N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移)を評価し、癌の進行度と拡がりを がんのStageとして分類するものです。対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。
患者さまが希望される場合は静岡がんセンターと連携し診療を行います。
外科的、内視鏡的治療のほか化学療法も行なっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 7.31 60.75
中等症 98 13.81 77.27
重症 50 16.16 83.66
超重症 11 25.822 84.36
不明 0 0 0
本指標では、重症度別に当院で治療を行いました患者様の人数、入院期間、年齢を示しております。入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が「肺炎」であり、さらにその中でも「J13~J18」で始まるICD-10コードに限定され、重傷度分類の各因子が一つでも不明な場合は「不明」と分類しています。重症度は「尿素窒素(BUN)・動脈血酸素飽和度(SPO2)・血圧」の結果、及び「意識障害」の基準に沿い評価をし、その結果を合算したものになるため評価数値が高ければ重症となります。市中肺炎とは、普段の社会生活を行っている中で罹患した肺炎のことをいいます。食物などの誤嚥による肺炎は含んでいません。
平均年齢が72.4歳で全体の約75%が70歳以上となっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 23 3.78 75.48 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 169 31.67 76.27 17.78
その他 11 33 74.18 2.22
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 27 38 0
その他 1 21 34 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
3日以内の発症は、点滴による急性期治療を行ったのち、早い段階からリハビリテーションを行い、在宅復帰と繋げています。
また、リハビリテーションを中心とする、回復期リハビリテーション病棟があり、 他院で急性期治療終えた方の受け入れもしています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 85 1.51 1.53 0 70.74
K654 内視鏡的消化管止血術 55 0.78 11.62 1.82 73.15
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 51 1.65 14.16 1.96 80.25
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 19 4.42 8.95 0 68.11
K735-4 下部消化管ステント留置術 16 2.19 12.06 0 75.88
大腸ポリープに対する内視鏡的切除術を行っています。また、胆嚢、胆管、すい臓、膵管の疾患に対する内視鏡的手術も行っています。
消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術や消化管閉塞の予防のための内視鏡的消化管ステント留置術も行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K597-2 ペースメーカー交換術 6 0.83 7.17 0 78.17
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 4 1 2.25 0 71.25
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 3 1 3 0 73
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 2 1 2 0 76
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 1 16 5 0 76
狭心症、心筋梗塞に対するカーテル手術を行っています。ついで除脈性不整脈に対するペースメーカーの交換、移植術に対する手術を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 18 0 6.17 22.22 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 4 0 6.75 25 0
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 2 0 1 0 1
- - - - - - -
- - - - - - -
当院は分娩を取り扱っているため出生児に対するものを行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 69 1.04 3.43 0 68.74
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 1 5.16 0 60.24
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 10 1 6.5 0 71.4
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 10 2.3 15.1 0 76.2
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 10 0.9 4.8 0 62.6
鼠径部のヘルニアに対する手術が多く、次いで腹腔鏡を使った胆のう摘出術を多く行っています。乳がんに対する乳房切除術や腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術、痔核手術も多く行っています。
ほかには虫垂切除術や、腹膜炎手術、結腸切除術、胃の悪性腫瘍に対する切除術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 80 4.83 46.83 6.25 79.73
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 47 7.09 51.74 10.64 82.83
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 30 4.47 34.03 16.67 77.23
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 15 2.47 41.2 0 76.27
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 14 3 20.07 0 60.14
地域の高齢化に伴い大腿骨頚部骨折が非常に多く、またその他の部位の骨折も多く、それに伴う手術を多く行っています。
また変形性関節症に対する手術も行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 1 1 10 0 70
K0134 分層植皮術(200cm2以上) 1 10 29 0 82
K4071 顎・口蓋裂形成手術(軟口蓋のみ) 1 1 4 0 73
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 1 0 3 0 69
K2192 眼瞼下垂症手術(筋膜移植法) 1 0 4 0 80
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 21 0.19 6.81 4.76 78.9
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 8 0.88 71.13 50 74.38
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 8 7.38 21.88 50 70.5
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 8 2.38 55.75 37.5 64.88
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 4 10 46.75 50 55.75
地域の高齢化に伴い慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を行っています。転倒、転落による頭蓋内損傷に対する頭蓋内血腫除去術(開頭・脳内)も行っています。頭蓋内腫瘍摘出術や、くも膜下出血や未破裂脳動脈瘤に対する脳動脈瘤頸部クリッピング術も行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 28 1.9 6.1 0 32.7
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 23 1.2 6 0 35.2
K877 子宮全摘術 20 1.3 7 0 51.8
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 18 1.3 7.1 0 46.3
K893 吸引娩出術 17 0.9 5.4 0 30.4
お産に関わる手術を多く行っています。
子宮全摘術や子宮付属器腫瘍摘出術も、他に婦人科系の悪性腫瘍に対する手術も行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 9 1 5.22 0 63.67
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 7 1 5.86 0 45.43
K319 鼓室形成手術 5 1 8.2 0 47
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 3 1 4.33 0 35.33
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 3 1 4 0 70.67
鼻科的な手術が多くなっていますが、鼓室形成手術や声帯ポリープ切除術、甲状腺部分切除術も行っています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 1 0 2 0 74
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 1 0 11 0 64
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 1 0 9 0 68
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 1 0 2 0 70
- - - - - - -
皮膚皮下腫瘍摘出術を行っています。悪性腫瘍に対する手術も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 16 1 7 0 77.06
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 0.33 1 0 72.67
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 3 0.33 2.67 0 73.33
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) 2 1 2.5 0 49
K7981 膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術) 2 1 1 0 68.5
膀胱の悪性腫瘍に対する経尿道的手術を行っています。
水腎症に対する経尿道的尿管ステント留置術や膀胱結石除去術も行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 70 0.17 1.1 0 71.76
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 32 0.06 1.03 0 68.75
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 19 1 5.79 0 73.47
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13 2.77 7.85 0 77.15
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 6 1 6.33 0 74.33
大腸ポリープに対する内視鏡的手術が多く、ほとんどが2cm未満のポリープです。胃の早期悪性腫瘍に対する粘膜下層剥離術や、胆嚢、胆管、すい臓、膵管の疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術を行っています。
また肝臓の悪性腫瘍に対する選択的動脈化学塞栓術も行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 3 0.07
180010 敗血症 同一 28 0.64
異なる 40 0.92
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 19 0.43
異なる 3 0.07
原疾患があり症状が急変した症例と手術・処置等の合併症です。
肺炎や尿路感染、癌などで入院後も全身状態が悪化し播種性血管内凝固症候群や敗血症といった重篤な病態となった件数です。
手術や処置などは合併症を起こさないように可能な限り細心の注意を払い安全に行っています。しかし、合併症はどうしても一定の確率で起こり得るため、起こり得る合併症については事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、手術や処置を行うことに同意をいただいております。
更新履歴
2017/9/25
今年度版更新