グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部門紹介  > 薬剤室

薬剤室

基本方針・目標

基本方針

  1. 医薬品の安定供給と品質と確保し、適正使用の推進に努めます。
  2. チーム医療を担う一員として、服薬指導などの臨床薬剤業務の充実を図ります。
  3. 医薬品の最新情報の収集により、臨床の場のニーズにあった情報を提供し、医療の質向上に寄与します。

目標

薬剤師としての機能を発揮する
  • 職員へ向けて適切な情報の収集と発信
  • 患者さんへの服薬指導など臨床薬剤業務体制の充実


業務の効率化と人材確保
  • 業務体制の定期的な見直し
  • 積極的な人材募集の検討

構成員

薬剤師9名(うち非常勤2名) 薬剤助手3名
認定:認定実務実習指導薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師

薬剤室の業務

調剤業務

 医師の処方した処方箋に基づいて、患者さんがお薬を適切に安心して使用できるよう調剤しています。散薬・水薬では調剤監査システムを導入し安全対策をとっています。また、2種以上の内服薬を使用している入院患者さんのお薬は、服用忘れ等が起きないよう一包化調剤を行っています。さらに、医薬品処方監査システム導入により、医師の処方時に投薬量、重複投与、相互作用等をチェックし、必要時は処方医へ疑義照会を行っています。
 外来患者さんに対しては「かかりつけ薬局」でお薬を受け取ってもらえるよう、伊東熱海薬剤師会協力のもと、院外処方箋FAXコーナーにて事前に処方箋の内容をFAX送信しています。複数の医療機関を受診されていても、「かかりつけ薬局」があるとお薬の重複チェックが可能となります。

注射調剤業務

 注射薬は患者さん一人1施行ごとに調剤し、各部署に払い出しています。また、医薬品バーコードを利用した注射薬調剤監査システム導入により、注射薬処方監査及び薬品の取り違いを防止しています。

抗がん剤調製・無菌調製業務

 抗がん剤・無菌製剤は、混注支援システムを用いて無菌環境下で調製しています。また、安全キャビネットの中で閉鎖式接続器具を使用することで抗がん剤の暴露防止に努めています。さらに、レジメン(お薬の量や投与スケジュール等を定めた治療計画)管理を行い、患者さんが安全に安心して治療できるよう他部署と連携しながら取り組んでいます。

製剤業務

 医師の指示に基づき疾患の診断、治療、予防に必要な市販されていない薬を製剤しています。

医薬品管理業務

 麻薬、向精神薬、生物学的製剤、病棟・診療科に配置している医薬品などを品目ごとに総合的に管理しています。

医薬品情報管理業務

 医薬品の使用において必要な有効性と安全性についての情報収集を行っています。必要に応じて患者さんや医師、看護師、その他医療スタッフへの情報提供を行い、安全にお薬が使用されるように配慮しています。さらに、医療スタッフからの薬剤に関する問い合わせへの回答の他、DIニュースの発行等による能動的な情報提供も電子カルテの医薬品情報等において行っております。

持参薬鑑別業務

 患者さんが持参したお薬は薬剤室で鑑別を行っています。鑑別した情報は電子カルテに反映し、情報の共有化を行っています。

薬剤管理指導業務

 お薬の飲み方や効果、副作用、その他の注意事項等、必要な情報を提供するとともに、患者さんのお薬への疑問や不安に答えることで、正しく安心して治療を受けていただけるように努めています。

薬物血中濃度モニタリング(TDM)業務

 お薬の中には同じ量を投与しても効果に個人差が大きいものや、治療に適した量と副作用が生じる量が近いものがあります。そのため、抗菌薬などの一部のお薬において、血液中の薬物濃度測定後の分析を行い、患者さんごとの適正投与量の設定・調節を行っています。

チーム医療への参画

 栄養サポートチーム、褥瘡対策チーム、緩和ケアチーム、災害派遣医療チームなどのチーム医療に積極的に参加し、多職種間での情報共有を行っています。

業務実績(平成28年度)

処方箋枚数
院外処方箋枚数(枚)84,053
外来処方箋枚数(枚)9,213
入院処方箋枚数(枚)44,421
外来注射処方箋枚数(枚)24,308
入院注射処方箋枚数(枚)229,643
抗がん剤調製件数(件)702
無菌調製件数(件)216
院内製剤件数(件)138
薬剤管理指導件数(件)698
持参薬鑑別件数(件)3,149
TDM解析(件)32
院内採用薬品数(品目)内服薬:468 外用薬:206 注射薬:504
院外処方疑義照会件数(件)1,225

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic