グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研修医 情報  > 研修の理念・特徴

研修の理念・特徴

研修の理念

地域医療の現場で高い臨床能力をもって、
健康に関わるあらゆる問題にむきあうことのできる医師を育成します

研修の特徴

Global Standard な地域医療の展開

米国式研修法で総合医を教育・育成している東京ベイ・浦安市川医療センターと提携。
最前線の教育を受け、豊富な症例で実践的な研修を実施する
「米国式研修」+「日本の地域医療」融合型の新たな研修スタイルを確立しています。
  1. 地域医療現場研修(往診、在宅医療、離島・へき地含む)
  2. EBMにもとづいた医療
  3. 家庭医療・地域医療プログラム
  4. 地域医療振興協会のリソース(東京ベイ・浦安市川医療センターなど)を活かした幅広い研修の提供

静岡県東部・伊豆地区でおこなう研修の地理的特徴

伊東市民病院

伊東市は静岡県東部、伊豆半島の東岸にある海山川に恵まれた地域で、
東京から特急1本、最短で約1時間40分の温泉リゾート地です。
来遊客は年間600万人を超え、交通網の利便性から、
関東方面からの観光客が多いのが特徴です。

伊東市の人口は平成28年現在では約71,000人で、
当院は伊東地区唯一の2次救急医療機関として、様々な疾患を受け入れています。
地域を訪れる観光客の多さを考えれば、
人口の倍近い医療圏を診るのと同等と考えてもよいかもしれません。
伊東市の人口における65歳以上の高齢者が占める割合は約38%で、
年々比率は高くなっています。

伊東市は温暖な気候と自然の豊かさ、都市部との利便性がよいことからも、
観光地としてだけでなく、定年後にセカンドライフを過ごす場所として高い人気を誇っています。
今後、ますます高齢化する日本の医療現場において必要不可欠である、
高齢者に多い慢性疾患を数多く経験できることや、
地域の医療機関との連携について理解を深めることができます。

また、研修医の多くが、全国各地で開催される様々な講習・研修などに積極的に参加しています。
静岡県の地域で研修をしながらも、週末は都市部で新しい知識に触れることができる、
これも伊東市の恵まれた立地によるものです。

地域医療振興協会の全国の施設を利用した地域研修

当院を含めた地域医療振興協会の基幹型研修病院での初期研修プログラムの最大の特徴は、地域医療研修の期間を2ヶ月以上設けており、研修場所を当協会が運営する数々の地域医療機関から選べる点です。
北海道から沖縄の離島、海辺から山中、診療所から中規模病院など非常に多様な環境で、それぞれの地域の課題に対し医療のプロとしての対応について学ぶことができます。選択肢の多さだけでなく、多様さについても全国最大級を誇っています。

当協会ならではの特徴的なイベントとして、協会内で研修中の全研修医が集まる合同オリエンテーションや、実際の地域の現場で行うワークショップなどもあります。
協会内の研修医や指導医との交流を通じて、1病院だけの研修では得られない経験や刺激を受ける機会にも恵まれています。
これぞ、全国組織の地域医療振興協会だからこそできる研修です。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic