グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研修医 情報  > 初期研修プログラム  > 地域医療指向プログラム概要

地域医療指向プログラム概要

 地域医療指向プログラムは、地域医療の実習を重視し(診療所、へき地医療)総合的な診療が行える医師を育成するためのプログラムです。選択科目により専門科も研修を行うことができます。また患者さんとの接し方、医療人としての人格を身に付け、プライマリーケア医として必要最低限の技術と知識を習得し、地域の中核病院(診療所)で即戦力となる人材育成を目指しています。


地域医療指向プログラム

プログラムの特徴

  • 指導医・後期研修医・初期研修医の屋根瓦式教育
  • 東京ベイ・浦安市川医療センターと提携した「米国式研修」と「日本の地域医療」融合型の新たな研修スタイル
  • 地域医療研修は2~3ヶ月、十分に学べる期間を確保
  • 中規模病院ならではの、各科の垣根の低さと研修医の病院業務の役割の高さ
  • 伊東地域で唯一の2次救急施設→地域のほぼ全ての救急疾患を経験
  • 地域医療振興協会の幅広いネットワークで多様な設定の医療に触れる

研修について

 地域医療の現場での、経験豊富で教育熱心な医師や多職種職員と恵まれた研修環境を活かせるよう、臨床研修センターが全体の研修をマネージメントしています。当院で基礎を養った研修医が当協会の幅広いネットワークを通じて地域医療機関での研修(協力型診療所:2~3ヶ月)を実践することで逞しく成長します。

 指導医は地域医療、へき地医療を経験しており、初期臨床研修医が将来、地域医療やへき地医療の現場で活躍できるように、2年間かけてプライマリ・ケアの研修をサポートします。

 地域医療、へき地医療、家庭医療に興味のある、チャレンジ精神旺盛なあなたと「一緒につくりあげる研修」をこれからも心がけていきます。

研修ローテーション

必修科目内科、救急科、外科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療、麻酔科
選択科目内科、救急科、外科、小児科、産婦人科、地域医療、麻酔科、整形外科、脳神経外科
眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科 、泌尿器科

ローテーション例

令和4年度初期臨床研修医・応募要項


Copyright© Japan Association for Development of Community Medic