グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研修医 情報  > 初期研修プログラム

初期研修プログラム

伊東市民病院は静岡県東部・伊豆半島に位置する東伊豆地域唯一の災害拠点病院です。
東京ベイ・浦安市川医療センターと提携し、最新・最前線の教育を受けながら、豊富な症例で総合的に実践的な医療の力を身につける「米国式研修」+「日本の地域医療」融合型の新たな研修スタイルを実施し、これからの地域医療を支える人材の育成に力を注いでいます。


プログラム基本情報

 伊東市民病院では、地域医療振興協会の幅広いネットワークを生かし、都市型・地域市中病院・へき地・離島など様々な設定の医療に触れることができる「地域医療指向プログラム」を実施しています。
 令和3年度には静岡県より「地域密着型臨床研修病院」の指定を受け、医師少数区域等における地域医療の研修に重点をおいた、「地域医療重点プログラム」を令和4年度から実施することとなりました。
 応募資格についての詳細は「地域医療重点プログラム概要」をお読みください。
プログラム名

伊東市民病院地域医療指向プログラム
伊東市民病院地域医療重点プログラム
プログラム責任者田中 まゆみ
指導医の数25名 (令和4年4月現在)
研修医の数1年目研修医 6名 
2年目研修医 6名  (令和4年4月現在)
初期研修後の進路
(令和3年度実績)
東京北医療センター(総合診療科)
練馬光が丘病院(救急科)
聖マリアンナ医科大学(整形外科)
水戸協同病院(総合内科)
国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(精神科)

初期臨床研修プログラム説明

★令和4年度初期臨床研修採用試験の受験者はプログラム説明を必ず閲覧してください


令和4年度臨床研修病院年次報告

当院の初期研修「地域医療指向臨床研修プログラム」について、ご案内いたします。


当院の初期研修「地域医療重点臨床研修プログラム」について、ご案内いたします。


初期臨床研修医の令和5年度採用に関する応募要項についてご案内いたします。


Copyright© Japan Association for Development of Community Medic