グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 研修医 情報  > 病院見学  > エクスターンシップ  > 平成26年春 エクスターンシップ

平成26年春 エクスターンシップ

チーム医療が体験できる1泊2日の病院見学イベント 開催報告

伊東市民病院では3月26日~27日にかけて、例年、当院で行っている医学生と看護学生を対象とした病院見学イベント エクスターンシップを開催しました。


医学生と看護学生が一緒にチーム医療を学べる、研修センター・看護部合同のプログラムが大変好評でした。シミュレーションセンター でのシミュレーター体験では、参加した医学生、看護学生の全員がそれぞれに役割を持ち、研修医や看護師からアドバイスを受けながら蘇生体験を行いました。 笑いあり、涙あり、感動あり、手拍子や活発な掛け声もあり、とてもアクティブな体験になりました。
ランチタイムには先輩研修医や指導医と一緒に食事しながら、 当院での研修のことや伊東での生活のこと、大学時代の勉強のことなどを気軽にお話できました。

合同症例検討会では、臨床研修センター長の八森淳先生と当院看護師のファシリテーターを中心に、マインドマップの手法を使った『見える事例検討会』を行いました。
在宅医療の医師やホームヘルパーの方をゲストにお迎えし、当院と地域の医療機関や介護サービスとの連携についても学ぶことができました。
マインドマップで事例を見える化することで、問題点や改善法を多職種間で共有することができ、何がその患者さんとご家族に最適な医療・介護となるのか、細部まで検討することができました。
終了後の懇親会には各診療科の研修指導医も加わり、伊東の美味しいお魚と地ビールで乾杯!
お腹いっぱい食べて飲んで、充実した2日間を締めくくりました。
翌日にはオプション(有料)でイルカふれあい体験に参加したり、観光をしたり、春の伊豆・伊東を満喫していただけたと思います。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic