グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護師 情報  > 理念・ごあいさつ

理念・ごあいさつ

看護部理念

私たちは、患者さんに満足していただける看護を提供します。
患者・家族との信頼関係を基盤とした看護の実践

基本方針

  1. 個の尊重と協働した関わりを大切にします
  2. 看護の専門性・実践力を高めます
  3. チーム医療の推進をします
  4. 病院経営に参画します
  5. 自立性、主体性、自らを改革する力を育てます

看護部目標

地域と共に・地域に信頼される・頼られる病院・看護の構築
この目標を実践する基盤として、患者さんを第一に考える力・困ったことを話し合えるチームワーク・成果を明確にした実行・情報の連絡、相談、報告・説明力を必要とする

1.地域で必要とされている看護の展開
 1)当院における訪問看護の在り方の決定と基盤づくり
   地域の訪問看護ステーションとの看-看連携の推進
   退院後訪問指導の開始
   訪問看護に関する人材の教育と育成
 2) 認知症看護の推進
   認知症ケア加算2の取得にむけた体制づくり
    ・研修を受けた看護師を育成し、各病棟に複数名配置する
    ・認知症に関する看護基準手順を作成し、保健医療機関内に配布・活用する
   認知症疾患医療センターと連動した活動をする
    ・地域への教育的機能の向上
    ・連携協議会を開催し、情報の共有や事例検討を行う

2.地域包括ケアシステムの推進と地域医療支援病院取得のための看護の役割を果たす
 1)病床管理、退院支援システムの構築
   退院支援加算1取得のための体制づくり
    ・退院困難患者を早期に抽出し、入院早期からのかかわりの推進
    ・多職種カンファレンスの実施と効果的な活用
    ・地域との連携向上:転退院体制を検討できる協議会のシステムを構築する
    ・解放病床、レスパイト入院への対応力の向上
   時間外の病床管理システムの構築
    ・入院困難事例を検証する
 2)地域とともに医療従事者の資質の向上を図るための研修の実施
   地域の医療従事者のニーズを把握する:看ー看連携の推進
   院内だけでなく、地域の医療従事者も対象として実施する

3.人財育成
   看護師のクリニカルラダー(日本看護協会)を取り入れた継続教育の確立
   介護福祉士の業務内容の検討・明確化
   災害拠点病院として、看護部の始動体制づくりをする
   特定ケア看護師、専門/認定看護師コース進学の推進

4.人財募集
   夜間看護補助体制 50対1取得
   看護師、看護補助者募集の強化

5.経営への参画
   診療報酬の取得態勢の整え
   * 退院支援加算①/認知症ケア加算Ⅱ/排尿指導管理/退院後訪問指導料など
    診療報酬・介護報酬 平成30年度同時改定への準備

6.WLBの推進
   時間外業務内容の調査と効率化
   看護について語る会の醸成

ごあいさつ

看護部長 鈴木 和美

 私たちは、患者さんの生活の場を意識した医療の実践のため、その人らしさを大切にし、利用していただく方々に満足していただける看護の提供を理念にしています。それは、患者・家族との信頼関係の上に成り立つものと考えています。

 看護師一人ひとりが、それぞれのライフスタイルと共に専門職として成長できるようキャリア開発支援に取り組んでいます。そして、併設の臨床研修医センターと共通した教育プログラムによる継続教育も行っています。
地域の皆様に信頼される看護部であり続けるために努力していきます。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic