グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護師 情報  > 教育・研修  > 委員会活動

委員会活動

看護部では、教育と業務と連携しながら委員会活動をおこなっています。教育では、教育委員会が企画運営を担当し新人教育・継続教育の充実につとめています。業務に関する委員会と活動内容を紹介します。


看護部クリティカルパス委員会

院内他部門と協働し、クリニカルパスの新規作成と改訂、利用率の向上をはかる。

褥創スキンケア委員会

医師・栄養士らと協働しチームで取り組む。
褥創の予防・治療に関する指導や助言、栄養障害の有無と栄養状態の評価および問題症例の抽出・提示、栄養管理方法の提言、新しい知識の紹介と啓発(口腔ケア・ポジショニング)

看護部リスクマネジメント部会

院内医療安全委員会の部会としてヒヤリハット事例の分析と防止対策の周知をはかる。
誤薬対策として「医薬品安全管理推進チーム」を別に立ち上げ毎月薬剤師と医師を交えて検討、「医療機器安全推進活動」として他職種との合同ミーティングに隔月参加。
転倒転落予防対策について検討継続

感染リンクナース会

院内感染委員会の看護部の部会で、委員は各看護単位の代表者となり、感染管理認定ナースの指導のもとに、感染対策実施上の問題点を抽出し対策の周知と率先した実行をおこなう。

看護基準検討プロジェクト

看護基準の作成・見直しをおこなう。

看護手順委員会

ナーシングスキルの内容の見直しをおこない、当院の看護手順を作成する。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic