グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護師 情報  > 認定看護師

認定看護師

認定看護師とは

特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的とされている日本看護協会の資格です。現在、認定されている分野は21分野あり、当院では3名の認定看護師が活躍しています。


当院に在籍する認定看護師

感染管理認定看護師

手術室 主任 島田 明恵

感染に対するリスクを最小限に抑えるため、専門的な知識と技術を用いて、患者さん、来訪者、医療従事者、施設、環境を対象に正しくかつ効率的な感染管理を計画、実践、評価し、提供するサービスの質の向上を行います。

院内及び地域で感染症発生を感染チーム(ICT)で共有、対策、情報管理など行い、多職種と横断的に活動しています。

がん化学療法認定看護師

外来 師長 林 智春

がん化学療法は手術療法や放射線療法と同じようにがん治療の重要な治療の1つです。
 患者さんは、がんと診断されたときから長い経過をたどり多様な治療を必要とします。
 がん化学療法看護は、化学療法が治療の選択肢になった時期の看護を専門とします。治療を受ける患者さんが安全に、確実、安楽に治療が受けられるよう投与管理を行い、患者さん・ご家族に対して副作用症状や対処法について指導を行ったり、不安が軽減できるよう相談を行い治療が続けられるよう支援しています。
 患者さんが、その人らしい生活を送りながら治療を受けることができるよう患者さん1人ひとりに沿った看護の提供を目指しております。
 入院中の患者さんが治療を受けられる場合、副作用の対処についても病棟看護師の相談に応じています。

脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師

HCU 主任 佐藤 千恵

脳卒中の患者さんは疾患により、日常・社会(地域)生活において最も基本的な機能に障害を受けることがほとんどです。
 そのため、障害を持った新しい自分を受け入れ、生活を再構築する必要があります。
 私は、その看護実践の中で役割モデルとなり、脳卒中患者さんを中心としたチーム医療を推進することで、看護の質の向上を目指して活動しています。

認定看護師支援制度

当院には「認定看護師資格取得支援制度」があり、受講期間中は出張扱いとして、当院に在籍したまま資格取得に取り組むことができます。

支援の条件

管理者の許可があること
資格取得後5年間は、当院での勤務を継続すること

支援申請基準

日本看護協会 看護研修学校 認定看護師教育課程入学要件を満たす者
看護実践機能が優れており、認定看護師過程教育を修了し得る精神的、体力的能力がある者
当院の看護レベルの向上に寄与できる人物であること
所属長の推薦があること

支援の申請

所属長の推薦により、看護部長が管理者に申請

地域医療振興協会の支援について

希望者には入学金・授業料の最高50万円まで支援します。
(ただし5年以内に退職となった場合には全額返済)

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic