グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 『令和3年度 認知症疾患医療センター 住民講座』を開催しました

『令和3年度 認知症疾患医療センター 住民講座』を開催しました

2021.10.25 14:00~15:00
 緊急事態宣言が解除され、2年越しの住民講座を熱海起雲閣にて開催することができました。今回は、感染対策として人数制限をいつもより少人数で設定し、また会場とWEBの2種類の方法で参加できるハイブリット方式で行いました。当日は会場8名、WEB5名の方にご参加いただきました。
アルツハイマー型認知症の治療薬と言われている4種類の薬の話とともに、今年話題となった脳内アミロイドβプラークを減少させるという「アデュカヌマブ」の話題についてもお話がありました。
 40分間の講座の後、認知症疾患医療センター医師にて住民の質問に対し1つ1つお答えしました。その後、保健師・精神保健福祉士・社会福祉士・臨床心理士における個別相談会も併せて行いました。
 日々、医療の進歩とともに様々な認知症ケアや治療法が導入されます。認知症疾患医療センターの住民講座は年に1回以上開催していく予定です。次回は伊東市内での開催を予定しております。是非、新しい知識を身に着けていただくためにも住民講座にいらしてください。
認知症疾患医療センター
保健師 曽根典子

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic