グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 第94回看護公開講座を開催しました

第94回看護公開講座を開催しました

開催日2019年6月13日(木曜日)
内容認知症
~何が難しくなると認知症と診断される?~

 今回は、3名の方にご参加いただきました。
 認知症の診断は難しいイメージがありますが、単純に考えて「1人暮らしができない方」を認知症と診断することをお伝えしました。特に「料理をする」「お金の管理をする」「電話をかける」などの手段的日常生活動作に困難さが出てくると1人暮らしは難しいですね。ただもの忘れがあるだけでは認知症とは診断されません。物忘れがあってもメモなどを取って何とかやりくりできれば問題はなく、加齢による機能低下とはしっかり区別して対応すべきであることをお伝えしました。
 日々、医療の進歩とともに様々な施策が導入されます。是非、新しい知識を身に着けていただくためにも公開講座にいらしてください。

認知症疾患医療センター
保健師 曽根典子

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic