グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 第74回看護公開講座を開催しました

第74回看護公開講座を開催しました

開催日2017年8月9日(水曜日)
内容「認知症ケア」について
認知症ケアチーム  
市川 直美・曽根 典子・高橋 裕子・迎 タツイ・村田 優子・森田 香里・
坂本 彩乃・河合 康至・山田 美奈代

講座内容・様子

私たちは平成26年からチームを立ち上げ認知症について学んでいます。
今回は、【物忘れ】と【認知症】の違い、ご家族の気持ち、ケアについて個別にお話をさせていただきました。また、今年度は認知症疾患医療センターも開設したことから、おこし頂いた方の個別な相談や困りごとについても、センターの保健師、相談員が相談に応じました。

【物忘れと認知症の違い】
物忘れ認知症
記憶の障害一部の出来事を忘れる
例)食事の内容
出来事全体を忘れる
例)食事をしたことを忘れる
記憶の復活きっかけや、話をする中で
思い出すことがある
忘れた内容は思い出せない
日常生活の障害なしあり
例)買い物の際に小銭が使えない
例)外に行くと家が分からず迷ってしまう
例)物をしまった場所を忘れる
物忘れに対する
取り繕いや否定
なしあり
例)自分は知らない
例)誰かがやった
例)今からやるところ

【ご家族の気持ち】
 ご家族の方も、認知症になってしまった方にどうして対応していいのか迷ったり気持ちが焦ったり不安があったりすると思いますが、それは皆さんも同じように感じる普通のことです。一人や家族で悩まず、地域の人たちの協力や介護保険サービスなど上手に利用してみんなさんも笑顔で生活をしましょう!

高齢化社会と言われ、伊東市の高齢化率も上昇しています。皆さんが地域で共に
笑顔で生活できるよう、これからも活動を続けていきたいと思います。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic