グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 第71回看護公開講座を開催しました

第71回看護公開講座を開催しました

開催日2017年5月16日(火曜日)
内容簡単なストレス対処方法について
臨床心理チーム
臨床心理士 増田 仁美

講座内容・様子

臨床心理士  増田仁美
 今回も、前回同様に、ストレス対処方法について30分程度の体験を予定しておりました。しかし、お二人の方のご参加をいただき、お話しを伺うと、それぞれ「私は、ストレスがないの。」と発言をいただきました。そこで、今回の講座では、まずストレスとはなにかと、ストレス状態になるとどのようなことが起こるのかを、説明させていただき、ストレスを理解するきっかけとなるようお話しをさせていただきました。
 今回参加してくださった方たちは、言葉では「ストレスがない」と表現してくださいましたが、良くお話しを伺うと、「もう自分なりの対処方法」を実践されていらっしゃっている方々でした。そうなんです。実は、学ばなくても自然にこのように上手に実践されている方々が世の中にはたくさんいらっしゃるのです。では、なぜ、ストレスや、ストレス対処方法をこのようにお伝えする機会をわざわざ作っているのでしょうか?
そう、今まで大丈夫だった方は、ずっと大丈夫かもしれません。

しかし、生きていく中で、対応に困ること、人との別れ、色々なことがおきてしまいます。
そのようなときは、心も体も弱ってしまい、いつもの自分ではいられません。そんなときには、いつも何も考えずにできることが出来なくなってしまうものです。
そのようなときに、「あーこれが私がストレスフルな状態なのか。。。。じゃあ、あの時話をしてときのことを実践してみよう。。。。」と、思い出してくださって皆様の健康な状態を保つことができるようになればと、わずかなことですが、一つの考え方を記載させていただきした。もちろん、このようなことが起きないのは一番ですけれど。備えあれば憂いなし。なんて感じですね。
皆さまも、もしよろしければ次回の公開講座に足を運んでください。
お待ちしております。心も体も大切に。 

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic