グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 第59回看護公開講座を開催しました

第59回看護公開講座を開催しました

開催日2016年10月5日(水曜日)
内容≪ 地域に広げよう、子育てクイズ ≫ ~ こんなに変わった?! 今の子育て ~

講座内容・様子

子育てに関しても、昔は当たり前だったことが、時代と共に変わってきています。
日本では核家族化のママや出産後も仕事を続けるママが増え、地域社会との関係が薄くなったり、孤立した子育てになりやすいと言われています。これから子育てされるママはやパパにはもちろん、おばあちゃんおじいちゃん、そして地域の方々のサポートが必要となります。
すでにお孫さんのいらっしゃる方やこれからおじいちゃん、おばあちゃんになられる方、地域の方たちに子育ての先輩として、新米ママやパパ達へ適切なアドバイスをしていただけるよう、今回、≪地域に広げよう、子育てクイズ≫を開催させていただきました。
今回はこれから出産される妊娠34週の妊婦さんへ、外来の待ち時間にお話しさせていただきました。これから出産・育児を迎え、おばあちゃん、おじいちゃんの協力が必要となる時期に入られます。お家に帰って一緒に読んでいただけると初めて知られることもあるかと思います。
また、会場に何枚か出産の様子や産後クラスなどのお写真を貼らせていただきました。
1年前に当院で出産されたお母様が寄って下さいました。「今はこんななのですね。自分の頃とは全然違いますね。懐かしいです」とおっしゃっていました。

クイズの一部をご紹介いたします。
★ 問題1.妊婦さんは、赤ちゃんの分も2人分食べなければいけない
→ 答え× 現代は栄養価の高い食べ物が豊富であるため、二人分食べていたら、太り過ぎて、難産や妊娠性高血圧症候群、妊娠性糖尿病の原因となってしまいます。栄養のバランスを考え、1人前食べることが理想なので、極端なダイエットもいけません。
★ 問題2.妊婦さんは体を冷やさない方が良い
→ 答え○ 妊婦さんが身体を冷やすと、お腹が張って、流産や早産の誘因になります。最近では素足の妊婦さんが目立ちますが、赤ちゃんのためにファッションより保温を重視してもらう必要があります。
★ 問題3.赤ちゃんが生まれたら産湯につける
→ 答え× 産湯につけると赤ちゃんの体温が急激に下がるため、最近は生まれた直後は体を拭くだけとするのが主流です。当院でも平成25年よりドライテクニックという、産れて4日目に初めてお風呂に入る方法を取り入れています。生まれた時に赤ちゃんの体についてくる胎脂は赤ちゃんを細菌から守ったり、保温、保湿の効果があると言われています。
などなど・・・10の問題と解説をご用意させていただきました

このように少しずつ変わってきていることがあります。
頼れる“育じい、育ばぁ”なんて言われたら、素敵ですね

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic