グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 第38回、39回看護公開講座を開催しました

第38回、39回看護公開講座を開催しました

開催日2015年11月10日(火曜日)
2015年12月 2日(水曜日)
内容カロリーの七不思議~体重が増加する理由は?~
糖尿病ケアチーム
看護師:竹田 満代・山口 克枝・木村 三枝・田畑 拓郎・関 美和子
栄養士:・植松 剛

講座内容・様子

糖尿病の方に限らず、日頃、体重を減らすために食事に気をつけたり、運動をしている方は沢山いると思います。その中で、頑張っているのに体重が減らない。なぜだろう?
そこで、チームメンバーが考えた カロリーの七不思議 として2回に分けてお話ししました。その中からいくつかご紹介します。
親と同じものを食べているのに自分だけ太るのはなぜ?
同じものでも、量が多ければ太ります。体質が違ったり、見ていないところでの食事量が違ったり、身体を燃焼する量(基礎代謝)が違うので、体重に差が出ます。

そんなに食べていないのに 体重が減らない!!!
脂質が多いものを食べていれば、結果エネルギーは多くなります。例に挙げると、揚げ物・クリームたっぷりの洋菓子・ナッツ類・チョコレート等々。

今 0キロカロリーのものが沢山出回っているけれど本当にゼロ????
100mlあたり5kcal未満であればゼロと表記ができるので、正しくはゼロではありません。上手に使うことで、健康管理に活かすことができます。
糖分控えめだからと言って、運動しなかったり、安心して食べ過ぎてしまえば意味がありません。
なぜ糖尿病食は低カロリーなのか?
糖尿病食は、決して低カロリーではありません。体格・活動量でエネルギー量が決まります。動く人は熱量が多くなります。
詳しくは医師に栄養指導を予約してもらい栄養士からお話しを聞いてください。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic