グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 第25回 看護公開講座を開催しました

第25回 看護公開講座を開催しました

開催日2015年5月13日(水曜日)
内容市内の学校で行っている思春期講座の紹介
思春期外来チーム
種村 麻里・山下 恭子・木梨 奈美・土屋 栄利子

講座内容・様子

市内中学校で行っている思春期講話 “ いのちの大切さ ” のアウトラインをご紹介しました。

~思春期講話の内容~ 実際の講話中の画像を流しました。
〇妊娠期【あなたが生まれるまで】絵本を朗読
    ・朗読時、妊婦さん役のおなかには、エプロンで胎児の成長の様子が見えるようにしています。
       生徒さんの感想
        「自分が生まれた時のことを知りたくなった。」
        「周りの人の支えがあって生まれてきたことに感謝。」

〇分娩【ロールプレイ】
    ・胎児の心音、出生時の産声を聴いてもらいます。
    ・胎盤が赤ちゃんにとっては酸素ボンベと同じ役目をしています。
    ・生まれるというのは奇跡的なこと
〇スライドショー【希望】
    妊娠、出産、産後の母と子、家族の写真からいのちの大切さ、いのちを繋いでいくこと
    感じてもらいたい、と思っています。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic