グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > お知らせ  > 第13回 看護公開講座を開催しました

第13回 看護公開講座を開催しました

開催日2014年11月5日(水曜日)
内容「糖尿病、運動はラジオ体操で大丈夫」
糖尿病ケアチーム
竹田 満代・山口 克枝・木村 三枝・関 美和子・植松 剛栄養士

講座内容・様子

 糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法です。
食事療法と運動療法を正しく行い、生活習慣を改善すれば糖尿病治療に対する効果が期待できます。
今回は主に運動療法についてお話しました。

運動療法の内容
運動量 ; 1回当たり20~30分程度  150分/週
強  度 ; はじめは軽く、体が慣れてきたら
      少しずつ強くしていきましょう。
時間帯 ; 食後1~2時間後
      血糖値が高くなる時間帯なので効果的です。
頻  度 ; 週3~5回程度が効果的  
                          だから、1日おきでも十分です。

血糖を改善し、脂肪を燃やし体重減少をもたらす運動を有酸素運動といいます。
ラジオ体操もその1つです。
お金をかけずに手軽に出来る運動としてお勧めです。
 今回は、皆さんとラジオ体操をしました。
皆さんラジオ体操が体にしみている感じで、自然に体が動き楽しく出来ました。

今回、資料と一緒に低カロリーの甘味量のサンプルをお分けしました。 

12月と1月に糖尿病教室を開催します。今回十分お話しできなかった食事療法についてお話しします。
食事療法について興味のある方はどうぞ起こしください。

糖尿病と上手に付き合える方法を皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

糖尿病教室のご案内

次回の開催案内

次回は、12月11日(水曜日) 11時00分~11時30分
「冬の感染症パート1 ノロウイルス」

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic