グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 整形外科

整形外科

このページの目次


診療内容

整形外科とは?

一言でいうならば、骨、関節、筋肉、神経、血管などの運動器を扱う科で、高齢化社会となり、骨粗髪症に基ずく脊椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折,橈骨遠位端骨折、上腕骨近位端骨折や、関節の老化によって起こる変形性膝関節症、変形性股関節症などが増加しています。十分な診察に加えて、MRI、ヘリカルCT、血管造影,骨密度測定器(DEXA)、神経伝道速度測定器、理学療法室をそなえて皆様の健康回復に貢献できればと考えています。当科では伊東市はもとより、東伊豆の一次、二次救急を担っています。高齢化社会の為、骨粗鬆症起因する大腿骨頚部骨折等の患者さんが多く来院されます。

特徴・特色

関節リウマチは、ここ数年治療法に大きな進歩があり、関節の機能を維持する積極的治療に転換しつつあります。当科では、発症早期よりMTX(メソトレキサート)を主に使用し、効果不十分の患者さんには、インフリキシマブ(レミケード)、エタネルセプト(エンブレル)等の投与をおこない良好な結果を得ています。原則としてステロイド剤は使用しません。また、関節破壊の進行が既に進んでしまって関節の痛みが取れない患者さんに対しては、人工関節、関節固定術、関節形成術等の手術をおこなっています。

肩関節疾患の治療は診療機器の進歩(MRI、超音波、関節鏡)により肩関節疾患の病態の解明が進むようになりました。しかし、やはり基本は問診、視診、触診であり、これを丹念に行うことで正確な診断が出来ると思っています。県外の患者さんも多く見えられます。

医師紹介

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic