グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 内科

内科

このページの目次


診療内容

内科外来は一般外来の他に消化器、循環器、呼吸器、神経疾患、リウマチ疾患の専門外来があり、内科全般を網羅しています。「なんとなく不調だが、どこが悪いかわからない」場合も、まず、内科が担当し、他科との連携により的確な診療科へ紹介致します。また他科受診の際も、内科的合併症を持っていることも多く、内科との併診となる場合もあります。

呼吸器領域では、気管支鏡による肺癌の診断や、重症の慢性肺気腫の患者さまに在宅酸素療法を提供します。神経疾患については、脳外科およびリハビリテーション科と連携して脳血管障害の診療にあたります。CT、MRI、頭部血管造影などの方法により精度の高い診断、治療をします。 リウマチ疾患は、古い伝統があり、診断、治療について、専門的な診療を提供しています。

特徴・特色

各種領域の進行癌(呼吸器領域では肺癌、消化器領域では消化器癌)に対して化学療法を、外来治療室にて施行しています。

喫煙により癌、心臓病、閉塞性肺疾患が増えることは良く知られるようになりました。禁煙を希望する人は増えていますが、ニコチン依存による禁断症状のため自力では禁煙するのは難しい状況です。 禁煙外来ではニコチンパッチを用いた、ニコチン代替療法により、比較的無理なく禁煙が出来るように、皆様のお手伝いをしています。また、今年の5月より飲み薬の禁煙補助薬も健康保険適応となり、ご希望の方に飲み薬での禁煙のお手伝いもしています。(火曜午後、要電話予約)

内科の救急患者さまが極めて増加しており、内科医師の輪番制で二次救急をおこなっております。

医師紹介

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic