グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 産婦人科  > 婦人科のご紹介

婦人科のご紹介

診療内容

婦人科では、悪性疾患の治療も静岡がんセンターと連携しておこないます。地域の高齢化を反映してか、子宮脱の手術も少なくありません。赤ちゃんがほしいご夫婦のためには、不妊治療をおこなっています。 伊東市の助成が受けられます。一般不妊検査(内診、エコー検査、採血、基礎体温、子宮卵管造影検査、精液検査等)、タイミング指導、排卵誘発(内服またはHMG注射)、人工授精(AIH)をおこなっています。体外受精はおこなっておりません。
思春期の方のための、思春期外来を土曜に予約制でおこなっております。「マイクロ波子宮内膜アブレーション」(以下MEA)の先進医療施設として当院は平成22年12月に県内では初、全国で8番目に認定をうけました。さらに平成24年4月にMEAは保険診療となりました。子宮を取らずに過多月経を治したい方にMEAは有用とされています。

火曜を除く平日に受診していただければ、初診時に診察し、適応のある方には手術の相談を含めた対応が可能です。当院では、最短1泊2日の入院で治療が可能です。費用は9万4千円前後です。

過多月経の新しい治療 マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)について

過多月経の治療 マイクロ波子宮内膜焼灼術(MEA)を当科でおこなっております。
詳しくは下の「MEAのご案内」のリンクをクリックしてください。

子宮がん検診の2次(精密)検査について

市の子宮がん検診でクラスIIIaとかIIIbと言われ、大変心配される方がおられます。これは、子宮がんの進行期分類のIII期とは全く別ものです。子宮頸がん健診でのクラスIIIとは、『子宮頸部異形成』という前がん病変の可能性があるという意味であり、「今後、子宮頸がんになるかもしれない可能性が、正常の人より高い」という警告にすぎません。1次検査で要精査となった方は、2次精密検査として、コルポスコピーによる拡大鏡下生検(組織診)をして、確定診断をします。軽度の異形成は、経過観察でよいことが多いですが、中等度異形成、高度異形成が確定した場合は、治療として子宮頸部蒸散術や円錐切除術などがあります。当院での高周波を用いた手術は5分程度で終了するので、希望があれば外来手術も可能です。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic