グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 産婦人科  > 助産師のおしごと

助産師のおしごと

助産師の役割

お産の時、どのようなサポートを受けたいですか。近くには誰がいてほしいですか。あなたの中に「助産師」という選択はありますか。妊娠・出産は病気ではありません。そのため正娠経過における母体の変化や陣痛といわれるお腹の痛みは異常ではありません。しかし、妊娠・出産中の多くの人が、未体験の痛みや不安を経験すると思います。
助産師は妊娠・出産の専門家です。産む力・育む力・生まれる力・生きる力を引き出し、サポートするために私たち助産師はいます。
近年では、産婦にずっと寄り添って心身のサポートをする「1人の人間の存在(ドゥーラ)」によって、分娩時間の短縮、手術的な出産の減少、出産満足度があがるなど、多くの利点がわかっています。産婦さんをサポートする「ドゥーラ」の存在は、産婦さんのご家族をはじめとする全ての人がその役割を果たすことができます。妊娠・出産の経過に精通した私たち助産師も「ドゥーラ」のひとりとして、妊娠中~産後まで幅広くみなさまをサポートしていきます。


人生において数少ない貴重な「出産」体験を、素敵な思い出として記憶に残してほしい。また当院で出産したことがその1つのきっかけとなってほしい。そのような思いのもと、私たちは働いています。いつでも頼りにしてください。

助産師外来のご紹介

妊婦健診を助産師が行う「助産師外来」を取り入れています。みなさんの妊娠生活やお産が順調に、また安心したものになるように、医師による妊婦健診と併用して行っていきます。お産や入院前にお会いすることでより安心して、満足のいくお産と楽しい育児ができるよう、日常生活のアドバイスを中心とした妊婦健診を行っています。おひとり様30分の完全予約制となっており、妊婦健康診査受講票が使用できます。異常がある場合や医師の診察、処方が必要だと判断した場合はいつでも医師が診察する体制となっています。

助産師の活動

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic