グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 健康診断・人間ドック  > 健康診断

健康診断

働く人々の健康状態を把握し、潜在する疾病を早期に発見することを主たる目的として、定期健康診断は1年に1回、定期的に行わなければならないと、労働安全衛生法で義務づけられています。

さらに50人以上労働者を使用する事業者は定期健康診断の結果を所轄労働基準監督署に報告しなければなりません。


労働安全衛生法規則(安衛則)第44条に基づく定期健康診断、第45条に基づく特定業務従事者健診の検査項目となります。


法定健診項目を含んだコースです。
基本定期健診から名称変更しました。


生活習慣病予防健診とは、生活習慣病の早期発見・早期治療に最適な健康診断になります。
一般健診より名称変更しました。


協会けんぽの方が対象です。
生活習慣病の早期発見・早期治療に最適な健康診断になります。


Copyright© Japan Association for Development of Community Medic