グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 地域医療連携  > 伊東市民病院は『地域医療支援病院』です

伊東市民病院は『地域医療支援病院』です

地域医療支援病院とは

患者さんを身近な地域で完結した医療が提供できるようにするためには、診療所や病院などの医療機関が相互に協力しそれぞれの役割を果たすことが必要です。
一次医療を担う診療所やクリニックなどの「かかりつけ医」を支援し、専門外来や入院、救急医療など地域医療の中核を担う体制を備えた病院として各都道府県知事から承認を受けているのが「地域医療支援病院」です。
当病院は平成30年9月5日に静岡県知事より「地域医療支援病院」の名称承認を受けました。
今後も引き続き「かかりつけ医」の先生方と連携・協力しながら、地域の皆さまに安心・安全な医療を提供できるよう努めていきたいと考えております。

「かかりつけ医」からの紹介状を持って当病院へ

当病院は、地域の中核病院として専門的な治療や手術・高度な検査を行うという役割を担っております。地域の皆さまには、まず「かかりつけ医」に受診いただき、当病院で受診や検査などする必要があると「かかりつけ医」の先生方にご判断いただいた場合、紹介状をお持ちになり受診いただくこととなっております。当病院では、診療科ごとに「紹介制・紹介予約制」を導入し「かかりつけ医」の先生方からご紹介いただいた患者さんに対し優先的に診察を行う体制を整えております。

『紹介状(診療情報提供書)』をお持ちの方は次のようなメリットがあります

  • 事前の予約ができるため待ち時間が短くなります
    ※ 予約方法は各医療機関でお問い合わせください
  • 当病院の医師が、患者さんの症状を迅速に把握できます
  • 検査結果も含まれているため、当病院で受ける検査の重複が少なくなります
  • 検査の重複が少なくなりますので、費用負担が抑えられます
  • 特定初診料3,240円(税込)の負担がありません

症状が落ち着いたら身近な「かかりつけ医」へ

当病院での手術や専門的治療が終了し症状が安定した場合、紹介いただいた「かかりつけ医」にご紹介
させていただきます。紹介状には、当病院での治療経過や各種検査の結果等を記載させていただきます。
当病院での治療が改めて必要となった場合、「かかりつけ医」からご紹介いただければ、いつでも受け入れできる体制を整えておりますのでご安心ください。

「地域完結型医療」を推進します

「地域完結型医療」とは、患者さんの身近な地域の中でそれぞれの病院や診療所・クリニック等が、その特長を活かしながら役割を分担して、病気の診断や治療、検査、健康相談等を行い、地域の医療機関全体で1つの病院のような機能を持ち、切れ目の無い医療を提供していこうというものです。けがの初期治療や慢性疾患の投薬等は身近な地域の「かかりつけ医」が受け持ち、専門的な治療や高度な検査、入院治療、救急医療は地域の中核病院が受け持つ形です。また、急性期の治療が終了し病状が安定した場合は「かかりつけ医」などの地域の医療機関で診療を継続していただきます。

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic