グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 地域医療連携  > 開放型病床の利用について

開放型病床の利用について

当院では、「かかりつけ医」の先生方と「当院の医師」が協力して、通院から入院・退院までの一貫した診療を行い、患者さんに継続的に高度の医療、検査、手術などを受けていただくため、開放型病床を5床設置させていただきました。ご利用いただくためには、事前に登録医としての申請が必要となりますので、地域医療連携室までご連絡ください。


開放型病床利用の申し込みについて

①入院される患者さんに「開放型病床入院同意書」で事前に同意をお取りください。
②「開放型病床入院同意書」と「開放型病床入院申込書」「診療情報提供書」を地域医療連携室宛にFAXでお申し込みください。
③地域医療連携室より外来受診日の予約票をFAXにて送信いたします。
④患者さんに「保険証」「診療情報提供書」「開放型病床入院同意書」「開放型病床入院申込書」をお持ちいただき、外来受診日に来院いただくよう説明をお願いします。

患者さんの入院(予定)が決定したら

①地域医療連携室より「開放型病床入院(予定)報告書」にて入院日のお知らせをいたします。
②登録医の先生は、平日午前9時~午後5時の間に当院主治医のもと共同診療が可能です。
③来院前に地域医療連携室に電話をお願いします。

共同診療について

①来院されましたら、病院2階総合受付にお越しください。地域医療連携室にて白衣と名札をご用意いたします。
②患者さんの入院病棟へご案内します。
③当院主治医と共同診療を行ってください。電子カルテ操作は当院主治医が行いますので、画像や検査データを閲覧してください。
④共同診療後には、「開放型病院共同指導(診療)票」を記載していただきます。
⑤月ごとに「開放型病院共同指導実施票」を送付いたします。診療報酬請求時の参考にしてください。

登録医の算定できる点数(当院にて入院患者に対して共同指導(診療))を行った場合

開放型病院共同指導料(Ⅰ)350点(1日につき1回)

連絡先

伊東市民病院 地域医療連携室

電話:0557-32-5800(直通)
FAX:0557-32-5801(直通)

Copyright© Japan Association for Development of Community Medic